読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

キャリアの8割は偶然によって、もたらされる~偶然性を積極的に活用する

『キャリアショック―どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるのか?』(高橋俊介著、東洋経済新報社
 
 
 
「好ましい偶然を起こす」~プランド・ハップンスタンス・セオリー一言でいえば、
「プランド・ハップンスタンス・セオリー」とは、変化の激しい時代には、
「キャリアは基本的に予期しない偶然の出来事によってその8割が形成される」とする理論だ。

そのため、個人が自律的にキャリアを切り開いていこうと思ったら、偶然を必然化する、
つまり、偶然の出来事を自ら仕掛けていくことが必要になってくる。

 
 
これは、自分で振り返ってみれば、かなりうなずける部分があり、
何かを計画してその通りにいくことはまほとんどなく、
想定してないことが次々と起こる中でいかに進んでいくか?
ということを前提に考えた方が良いとも言える。
 
 
 
また、
 
 
 
「波乗りの戦略思考」~『まず、戦略思考を変えよ』より
 
 
 
 
 
 
「波乗り」のメタファー。それこそが、現代の市場における
新しい戦略思考を考えるときに有効なメタファーである。
 
これまでの「山登り」の戦略思考は、基本的に「偶然性」というものを否定し、
排除しようとしてきた。

「波乗り」の戦略思考とは、「偶然」というものを積極的に利用しつつ、
あくまでも自らの「意志」の求める方向に向かっていくという戦略思考のスタイルである。

波に運ばれることの「偶然」と、その波を乗り切って目指す方向に
向かおうとする「意志」の弁証法

「偶然」に任せているようで、明確な「意志」を持ち、
「意志」に従っているようで、「偶然」を積極的に生かす。
 
そうした弁証法的な思考こそが、「波乗り」の戦略思考の本質である。



 
 
自分が進みたいと思う、方向性は明確にしつつも、
きっちり方向性を決めるのではなく、ある程度
柔軟性を持ちつつ、目の前で何かが起きても、
臨機応変に対応していくというスタンスが
これからの時代も必要とされるのではないか。