世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

ゴミを買うという、愚かな行為。

国内・海外を含めて、何回か引っ越しをする中で、
引っ越しをするたびに、大量のモノを捨てている。
いわゆる、断捨離?
 
捨てるたびに、思うこと。
 
「何で、ゴミばかり買ってるんだ!」
 
 
 
買うからにはもちろん、その時に金を払って、
モノによっては処分するのにもお金がかかる。。。
 
 
家にモノがあれば、それだけスペースがとられるわけで、
片付ける手間もかかってくるし。
 
ミニマリストみたいなコトバを最近、ちょくちょく目にすることがあるけど、
やっぱりそういう流れになっていくなかな。
 
モノが少ないと、移動(引っ越し)も非常に楽。
今住んでいるマレーシアの物件のほとんどは、
大型の家具などは、ほとんど揃っている。
 
ベッド
ダイニングテーブル
エアコン
テレビ
ソファ
クローゼット
冷蔵庫
 
などなど。
 
 
一番最初に、マレーシアにきた時は、調理器具も使っていいよってことだったので、
とても楽だった。
 
 
何度かの引っ越しのたびに、モノを捨てるということをしていると、
今度は何かモノを買うときに、一呼吸おくようになった。
 
また、ゴミを買うのか?
本当に、必要なのか?
 
と。