読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

ストレスの原因は、通勤時間が長いことが、理由かもしれない

f:id:dai88:20150722065315j:plain

 
 
通勤時間は、1日の中でも不快な時間だとされている。
 
 
「朝、あぁ仕事行きたくないあぁ」の根本的な原因は、仕事や人間関係にもあるかもしれないけど、
実は通勤にも問題があるかもしれない。
 
満員電車であったり、混雑した駅のホームであったり、電車内で不快な人を見かけたりと・・・
 
僕だったら、毎日の生活はたえられない。
 
「いやいや、そんなことは当たり前のことじゃないか」
というかもしれない。
 
この通勤というスタイルは、電車や地下鉄が発達してきたからこそ、
実現可能となったものだ。
 
それまでは、そもそも通勤という概念すらなかったと思う。
 
だって、移動する手段は、電車がなかったら、
歩く・自転車・馬
 
といった手段でしかなかった。
 
 
電車や地下鉄のいわゆる、公共交通機関が発達したことによって、
人々は【通勤】が可能となった。
 
 
一方で、インターネットが発達することによって、逆に【通勤】の
必要がなくなる。
 
僕自身、通勤ということはもう、ここ何年もしていない。
 
インターネットさえつながっていれば、仕事になる仕組みを構築しているからだ。
 
 
公共交通機関の発達⇒通勤
 
インターネットの発達⇒通勤不要
 
 
どちらも、技術の発達によってもたらされたものだけど、
どちらを選ぶかは、あなた次第。
 
そもそも、今している仕事は、あなたじゃないとできない仕事なのか?
あなたがいないと、回らない仕事なのか?
 

 あなたのお悩みにをズバリ回答