読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「やりたい事がわからない」という悩みを抱える、2つの理由

そもそも、「やりたい事が分からない」ということを耳にする。
ご相談を頂く際も、結構、その類の内容が多い。
 
 
「やりたい事が分からない」理由には2つあると思っている。
 
 
1 どうなりたいか?が明確ではない
 
「やりたい事」を考える前に、どんな風になりたいか?どんな状態になっていたいか?
どんな気持ちになっていたいか?
 
から考えてみてはどうだろうか。
 
ロールモデル」ということばがある。
 
ロール=役割
モデル=手本
 
というような意味だ。
 
どうなりたいか?を明確にするといっても、その手本になるような人が周りにいないことには、
明確にしようがない。
 
極端な話し、あなたの周りに公務員しかいないのであれば、
手本になるのは「公務員」しかないかもしれない。
 
しかし、実は今の時代、働き方や仕事の仕方は、星の数ほどある。
 
自分が大事にしている価値観や考え方。
それらにあった、仕事や働き方は必ずあるはずだ。
 
その手本になるような人がいないからこそ、やりたい事が分からないということになる。
 
今は、色んな人が情報発信をして、色んな生き方や考え方を簡単に知ることができる。
知ることができるだけでなく、興味をもった人に対して、直接、コンタクトをとることも可能だ。
 
 
 
2 情報が多すぎて、動きがとれない
 
 
1で書いたことと、矛盾するようだけど、情報をとろうとすると、いくらでもとれてしまう時代だ。
だかこそ、情報をとればとるほど、時間ばかりとられてしまって、
「行動」を起こすことがどうしても遅れてしまう。
 
むしろ、ある程度までいったら、情報をショットダウンするくらいでもいいと思う。
 
1で書いたように、あなたにとって、ロールモデルとなりうる人が見つかったら、
その人から徹底的に学んでみる。
他の情報をシャットダウンしてでも。
 
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら