読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

登校拒否をする【勇気】すらない。何をしているわけでもなく、日々、呆然としてる

困ったことにひとりでいるのが結構、好きなんですよ。ひとりでいる時間は、しっかり確保したいんですよ。何してるのかって言ったら、別に難しい哲学的なことを考えてるわけじゃない。ただひとりで呆然としてるんですよ。その呆然としてる一定量が要るんですよ。
宮﨑駿

 

 
 
僕だけじゃなかったんだ。
何をしているわけでもない、そんな状態。
呆然。
 
 
さらに、こんなことも。
 
高校に入り、なぜ勉強しなきゃいけないのか、わからなくなった。自分のやることは漫画しかない。でも思う存分描けない。グレる積極性もなく、振り返ると「寝ていた」としか思えない日々でした。
宮﨑駿

 

 
 
 
僕も、学校など全然、行きたくなかったのだけど、何とか通った。
ぐれるのはもちろん、登校拒否をする勇気すらなかった。。。。
 
 
もともと、ものすごく忘れっぽい性格ではあるのだけど、
中高の記憶がとても曖昧。記憶がない。
 
 
 
 
「何かをしなければ」という焦り。
「何をしたらよいか分からないという」焦り。
「今のままで、いいのか?」という焦り。
 
そんなんが、グルグル、グルグル、グルグル回っている状態。
他にパワーを使う余地もないくらいの状態だから、
何をするでもなく、ただ呆然とするだけ。
 
 
不健全、極まりないとも思うかもしれない。
若い時、そんなんで時間を浪費して。
 
でも、そんな感じで、パワーを【自己消費】するしかできない人間だっている。
 
誰しも、部活を全力でやって、恋愛して・・・
みたいに青春まっただ中!
なんてできるわけはなく。