読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

内向的な人向けのブログ運営方法

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 
ここでも内向的な人の特徴を挙げたけど、再掲
 
グループよりも一対一の会話を好む。
文章の方が自分を表現しやすいことが多い。
ひとりでいる時間を楽しめる。
周りの人にくらべて、他人の財産や名声や地位にそれほど興味がないようだ 。
内容の無い世間話は好きではないが、関心のある話題について深く話し合うのは好きだ。
聞き上手だと言われる。
大きなリスクは冒さない。
邪魔されずに「没頭できる」仕事が好きだ。
誕生日はごく親しい友人ひとりか二人で、あるいは家族だけで祝いたい。
「物静かだ」「落ち着いている」と言われる。
仕事や作品が完成するまで、他人に見せたり意見を求めたりしない。
他人と衝突するのは嫌いだ。
独力での作業で最大限に実力を発揮する。
考えてから話す傾向がある。
外出して活動したあとは、たとえそれが楽しい体験であっても、消耗したと感じる。
かかってきた電話をボイスメールに回すことがある。
もしどちらか選べというなら、忙しすぎる週末よりなにもすることがない週末を選ぶ。
一度に複数のことをするのは楽しめない。
集中するのは簡単だ。
授業を受けるとき、セミナーよりも講義形式が好きだ。
 
 
 
 
 
まず、外交的か内向的か?をきちんと自分で把握することが大事だ。
世間一般的には、「外交的なこと」を良しとされているため、
自分が内向的だとしても、外交的にわざと振る舞おうとしたり、
外交的だと思い込ませようとしたりしている人もいるかもしれない。
 
そんなことをしていても、何の特にもならない。
 
逆に、「毒」だ。
 
 
ブログなどの情報発信に関しても、外交的な人と内向的な人とでは、
内容がもちろん異なる。
 
 
外交的な人は、
・どこへ行った
・こんなおいしいものを食べた
 
など活動日記のようなスタイルが多い。
 
外交的な人=リア充
というイメージかもしれない。
 
 
一方、僕みたいな内向的な人間は、まず活動報告のようなブログは書かない。
書かないというか、そもそもそのような活動時代、少ないのだけど。
 
 
内向的な人の特徴にもあったように、
 

外出して活動したあとは、たとえそれが楽しい体験であっても、消耗したと感じる。

 

 
からだ。
 
だから、内向的な人のブログは活動報告のようなスタイルではなく、
思考日記や自分の考えを言語化していく内容になる。
 
外交的な人からしたら、「何で、そんなことネチネチ考えてんだ?」
って思うかもしれないが、そういう思考回路というか、気質なんでしょーがない。
 
 
むしろ、外交的な人々が書いている、リア充アピール合戦のような
内容は「ホント、楽しいのかなぁ」とすら思ってしまう。
 
 
【内向的な人向けのブログを一緒に構築しませんか?】
 
 

 あなたのお悩みにをズバリ回答