世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

日本と海外とを行ったり来たりするメリットとは

f:id:dai88:20150718085218j:plain

 
内向的かつ引きこもり気質のくせに、日本と海外とを
行ったり来たりする機会は比較的多い方だと思う。
 
内向的かつ引きこもりであったら、できるだけ省エネのライフスタイルを
好むのかもしれない。
もちろん、その考え方も非常に良く分かる。
わかるし、意識をしていないと、ずっとそのようなライフスタイルをしていると思う。
 
でも、日本と海外とを行ったり来たりすることで得られるメリットというのもある。
それは、「思考の幅」が広がると感じるからだ。
 
実際に、「思考の幅」が広がっているかどうかは分からないし、
確かめようがないかもしれないし、とても感覚的な言い方になってしまうのだけど、
「脳みその使う部分を変えることができる」イメージがある。
 
普段の生活でも、あれこれ考えたりすることが好きなのだけど、
移動をすることで、その部分とは全くことなった部分が稼働している
ような感覚を得ることができる。
 
 
それは、道中の飛行機の中であったり、海外に行った際でももちろんそうだ。
海外に行けば、日本語を耳にすることは家族との会話以外ではほぼない。
 
外にでれば、日本語以外、英語、マレー語、中国語、ヒンディー語などが
耳に飛び込んでくる。
 
もちろん、空気感も日本とは全く違うし、景色だって違う。
 
これらは、日本から海外へ行った時の感覚だけど、
逆にしばらく海外にいて日本に帰ってきた時だって、
また新たな感覚を得ることができる。
 
やっぱ、日本ってスゲーって。
 

 
 
普段、当たり前にあることって、慣れてしまうと何も感じなくなってしまうけど、
いざ失うもしくは離れてみると、その良さだったりを再認識できるようになったり
そんな感覚に近いのかもしれない。
 
 

【日本と海外を行ったり来たりするライフスタイルを実現しませんか?】 

 

 

あなたのお悩みにをズバリ回答