読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

夢想家のためのビジネス構築法

f:id:dai88:20150714100935j:plain

 

 

 

あれこれ考えてたりすることは好きなんだけど、
それを具現化したり形にしていくこと、
つまり「コツコツ継続していったり」「準備をしたり」
がとても苦手というか、「できない!」
 
 
典型的な夢想家気質というか、良い意味で起業家気質といいますか。。。
僕自身も、そーゆー気質なので、とても良く分かる。
 
 
さらに、悪いことに興味の対象があっちこっちに飛ぶから、
周りも大変。。。苦笑
 
 
こういうのは、気質なので、
 
・コツコツやっていこう!
・継続が大事だ!!
 
と、良いことは頭で分かっていても、それこそ実際に形にしていったり
することができるか?というと、それができたらハナから苦労をしない。
 
 
 
 
「すべてのものは2度、つくられる」
といわている。
 
・まず、イメージでつくられ
・そのイメージを元に、実物をつくっていく
 
 
何をつくるにも、いきなり作り始めることはできないことはないけど、
ある程度、最初にイメージがあって、つくりはじめる。
 
「家」でいうと、まず設計図があって、それを元に家をつくっていく。
 
 
で、夢想家の多くは、設計図でもつくればいいだろうけど、そもそも設計図ですらつくることなく、
あれこれイメージすることが好き(?)なのか、クセ(?)なのか、両方なんだろうけど、
そもそも形になるところまで、なかなか辿り着かない。ほとんどの場合。
 
 
そんな夢想家はどうしたら良いか?
 
 
解決策は、たったひとつ。
 
「実務を頼むこと」
 
 
実務を頼むといっても、いくつか頼み方があるのだけど、
ここはとてもシンプルに「お金を払って頼む」ということを
オススメする。
 
 
お金を払って、実務をしてもらうことで、
あなたは実務の苦痛(?)から開放される。
 
しかし、問題点がある。
 
何を頼むのか?
ということだ。
 
何を頼むか?と同時に必要なのが
 
・誰に頼むのか?
・どのように頼むのか?
 
 
誰に頼むか?というのは、あなたの実務を形にしてくれる人が
どこにいて、どのように頼むか?ということ。
 
どのように頼むか?というのは、頼む人が見つかったら、
どんなことを具体的にしてもらうか?を伝える、
いわゆる「指示書」のようなものだ。
 
 
まず、その2点をクリアしないことには、頼むことすらできず、
またもや形にならない夢想生活のはじまりとなってしまう。
 
 
・誰に頼むのか?
・どのように頼むのか?
 
 
僕が実際に活用している、ものがあるので
ご興味がある方はこちらからご連絡をください。
 
 
 
こちらから