読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

中島義道「働くことがイヤな人のための本」~芸術家とブログ

おびただしい人々が芸術家に憧れるのは、私の考えでは、好きなことができるということのほかに、
まさに社会を軽蔑しながらその社会から尊敬されるという生き方を選べるからなんだ。
社会に対する特権的な復讐が許されているということだね。

 

 
 
僕は、芸術のことはさっぱり分からないけど、
 
社会を軽蔑しながら、社会から尊敬される
 
という部分が、何となくブログにも通じるところがあるかなぁと。
 
 
僕は、社会を軽蔑をしている訳ではないけど、
何かしらの「生きにくさ」は小さいころから感じている。
もちろん、今も。
 
 
それは、単なるワガママな感情で、単に僕自身が幼いだけなのかもしれない。
でも、そんな感情を抱きつつも、社会と折り合いをつけていかなければならない。
 
折り合いをつけるといっても、どっぷり社会に浸かってしまうと、
多分僕はやられてしまう。。。
 
「軟弱なことを!」
 
と思う人もいるかもしれないけど。
 
どっぷり浸からずに、社会と距離を保ちつつということをしている
今だって、「わぁー」ってなるときがたまにある。
 
 
色々と、面倒くさい性格なんですよ。
 
 
 
 

 

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)