世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

不労所得を得て、暮らすことは果たして人は幸せになるのか?

不労所得で暮らすことは、果たして人は幸せになるのか?
 
不労所得って、イイ響きですね。
 
あなたも、得たいと思いますか?
毎月、どのくらい得たいですか?
 
 
 
得たあと、何をしますか?
得たあと、どんなことをしますか?
 
 
 
 
 
僕も、以前、不労所得を得たら、幸せだろうという幻想を抱いて、
試行錯誤の上、実際にほぼ不労所得のような収入を得ました。
 
 
最初は、「おぉ、これが不労所得か」と気分が良かったですよ。
会社にいかなくても、嫌なやつと顔を合わせなくても、
毎月口座にお金が振り込まれてくるんです。
 
昼にビールを飲んだり。
平日、昼間にプラプラ、ショッピングしたり。
 
不労所得を得られるようになったら、やろうと思ったことを大体、
一通りやったんですね。
 
で?
 
って感じですよ。
 
 
得たら得たで、ホントやることなく、ヒマヒマだったんですね。
まぁ、その時は長男が産まれたタイミングでもあったので、
子どもと一緒にいる時間をたっぷりとれたことは、今振り返ると
とても良かったと思います。
 
でも、良かったのは、子どもと一緒に過ごせたことくらいで、
あとは別にッて感じです。
 
子どもと一緒に過ごせたこと。
それだけでも十分だったなぁと。
 
 
で、本題はここから。
何をするにも、やる気がダウンしてしまうんですね。
 
 
仮にもっと上を目指すというのもあるかもしれないでど、
僕自身、ダメ人間気質なので、そうはならなかった。
 
一旦、行動力がダウンするようになると、またギアをあげていくのに
とても苦労するんです。
 
慣性の法則ってやつです。
 
 
行動力がダウンしてきたタイミングを見計らってか(誰がw)、
うまい具合に構築した不労所得が落ち始めたんです。
 
でも、内心、「やった!」とおも思ったんです。
 
どういうことかというと、このまま不労所得がある状態だと、
本当にダメになる。。。。と。
もう、十分ダメ人間なんですけども。
 
だから、一旦、尻に火がついたような状況にならないと、
なかなか行動を起こす気にはならないだろうと。
 
だから、痛い目を見ろと。
自分が。
そんなことすら、思っていた矢先、本当に来たんですね。
 
 
 
長くなったんで、続けます。