世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自分が売りたいものよりも、相手が欲しているモノは何か?を知ると「売る」必要がなくなり、勝手に「売れていく」

 
自分が売りたいものよりも、相手が欲しているモノは何か?を知ると
「売る」必要がなくなり、勝手に「売れていく」
 
 
ビジネスをしようとすると、「如何に、売るか?」の思考から入る人がとても多い。
というか、ほとんどそう。
 
上手な人は、「売る」というよりも、「売れていく」という感覚で取り組んでいる人が
非常に多い。
 
 
では、「売る」よりも「売れていく」にはどうしたら良いか?
 
それは、自分視点ではなく、相手視点でものごとを考えることだ。
 
自分視点とは、「自分がこれを売りたいから」
と、自分本位である。
 
 
相手視点とは、「相手が何に困っていて、何を解決したいか?」
をまず明確にする。
あくまで、相手視点だ。
 
相手視点は、どのようにすれば良いか?
 
それは、相手と対話をすることだ。
 
 
 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 
 
凄腕営業マンと話したことある?
彼らの多くは、ゴリゴリの営業をする人はほとんどいない。
 
むしろ、聞き上手な人がほとんどだ。