世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「好きなこと」を仕事にしてはいけない理由

ここ数年、「好きなこと」を仕事にしていこう!というキャッチフレーズを目にすることが増えました。とても良さそうに聞こえますが、僕は「好きなことを仕事にする」ことに関しては、一貫して否定的なスタンスです。「仕事にする」からには、収益が上げるこ…

「やり方」ばかり、追っても成果などあがらない。

「やり方を教えてください」と、言われることが多いですが、そのまま、ストレートに「やり方」をお伝えすることもありますが、残念ながら、それでは大概うまくいきません。もちろん、たまにうまくいくこともあります。「やり方」を伝えて、うまくいく人うま…

失敗することで、可能性を広げていく

やりたいと思っていることがなかなか手につかない時、誰しもあると思います。例えば、コンテンツを製作して販売しようと思っているのに、いつまでも販売を始めることが出来ないケース。販売をすることで、売れる売れないが、結果としてハッキリします。でも…

毎日、書き続けることが出来る秘訣。

沢山の方々からリクエストを頂いております。 https://goo.gl/forms/tTLgteCQxQ6zLb0F2 やはり、オリジナルコンテンツを出していくことに関して、かなり興味がある方がお多いようですね。 とはいえ、僕がしているように毎日、書くことなどできない。。。 と…

オリジナルコンテンツ製作手順

コンテンツを提供していきましょうということをオススメしていますが、オススメしたときに一番、言われるのが自分にはオリジナルコンテンツなど作れません提供出来るコンテンツなどありませんということ。自分もコンテンツを提供していきたい!と思っても、1…

残念な質問例。

それ(たとえば個別サポートなど)で、結局、 いくら稼げますか? このような、残念な質問をする方が、結構いらっしゃる。 何が残念なのかというと、 いくら稼げますか?というコトバの裏には、どうしても依存心がつきまとっている。 「これ」や「あれ」をす…

決断・判断が正しいのかどうかを見極めるために。

決断・判断が正しいのか?間違っているのか? これを考えている(?)ように思えて、多くの場合、単なる先延ばしでしかなく。 確かに、色んな角度から情報を集めて、決断・判断をすることもできるかもしれない。 しかし、その決断・判断を下す時点では、「正…

あれこれ目移りして、全部が中途半端

没頭が大事! ということを、常々お伝えしているので、 没頭するものも何もない。没頭できない自分はダメだ・・・ あれこれ、目移りしたり、手を付けても全部中途半端・・・ と、感じてしまっている方がいるようですが、全然、そんな必要はありません。 結果…

知っているか?知らないか?では、済まない話。

単に頭で理解している(上っ面)なのか? 深い部分まで、落とし込まれているのか? 情報を知っているか?知らないか? の価値って、どんどん下がっていって、「知っているだけ」では捉えきれない部分は、今後、さらに重要度が増していくポイントになると思っ…

「他人の不幸は蜜の味」を逆手にとって、

何らか可能性を感じているけれど、やらないのは、非常にもったいない。 可能性を感じているなら、とりあえずどんなへっぽこでも、どんなに小さいことでもらまずやってみる。 ピントくること(衝動らしきもの)に従い、さらにピンとくることの精度もどんどん…

無理やり行動しようとしても、、、

何かを得るためには、確かに行動は必要なんです。 いきなり、目の前にボンっと現れるということは、ない。 ないのだけれど、行動!行動!というのも、違う。 たとえば、 お金は、不安があるとこに寄り付かない お金は、寂しがり屋 やっぱり、これらって事実…

当たり前すぎる話。

お金は会社に勤めて、給料として頂くものだ 労働の対価として、お金をいただくものだ 売上とは、単価×数量(人数)だ 病気になったら、医者の言う通りにするものだ 学校へはきちんと、通うものだ まぁ、このあたりは、世間一般的にも言われていて、ごくごく…

縮小傾向な人生。

人は、誰しも損はしたくない。 でも、誰しも持っている、 「損をしたくない」という考え自体が、行動そのものを妨げることにも繋がる。 「損はしたくない」という思いから、 何かをしない ということを選択することで、得られるモノは何もない。 つまり、中…

アホなこと、いうな!

自分の価値でも、お金でも、時間でも、実際に「ない」のに、「ある」と思え、何でも感謝しろみたいなことを言われたとしても、ないものは、ないんだ!アホなことを言うな!と、感じる方がほとんどかもしれない。ない、ないばかりで、自分に価値がない、お金…

意外と、やってしまいがちなことなのですが。。。

前回の話とも、関連していることなのですが、何かが出来るとか、 何かをたくさん持っているとか で、自分の価値を決めてしまいがちです。分かりやすい例でいうと、例えば、お金。持っている金額と自分の価値とを結びつけるなんてことは、やってしまいがちな…

外で起きていることに、いちいち反応しない。

外界は感情の原因ではなく、結果。 これを別の角度から考えると、 目の前で起こることに いちいち反応しないとも言える。 起こったことは、起こったこととして、 事実なのだから、それに対していちいち 反応をしない。 苦しみや不安の根源は、自分の思考のク…

我慢とモチベーション

何か成果を得るためには、当然、何かしらの行動が必要になってくる。 そんなことは頭で分かっているし、やることも分かっている。 でも、行動できない。 行動できないから、どんどん自信喪失していく。 そんな無限ループから脱するためにはどうしたら良いか…

人に迷惑をかけないように、自分が我慢することで、

小さい頃から、 人に迷惑をかけてはいけません。 ということを、周りから言われてきて、今でもその教え(?)を頑なに守っている人もいるかもしれない。 でも、 人に迷惑をかけないように、自分が我慢することで、まわりまわって人に迷惑をかける。 なぜか?…

気が重くて、仕方がないときに

自分の設定したゴールに達している時の、感情になる、 感情の先取り 感情の先取りをするのと併せて、自分がそのゴールそのものになりきる。 なりきった自分(感情の先取りをしている)なりきってない自分(目の前のことに振り回さている) どちらも、「今」…

絶体絶命だけれど、自由。

八方塞がりって、文字通り、八方を塞がれていて、 何の打ち手もみえない、ある意味では絶体絶命の ような状態。 もう、駄目・・・(T_T) もう、無理・・・(T_T) でも、塞がれていると思っているのは、 その時点で、自分が見えている 範囲内での打ち手でしかな…

「書くこと」が出来れば、なんとかなる。

言語化コトバにする つまり、「書くこと」が、大事!って伝えているけれど、コトバと向き合うということは、とりもなおさず、「自分と向き合う」ということでもある。自分は・・・何をどう考えているか? 何について、どのように、定義をしているのか?何を…

リモートワークとリゾートワーク

「リモートワーク」の一歩先、「リゾートワーク」 全然、ある話で、5年とあるけれど、もっと早くから、珍しい存在ではなくなると思う。 *ちなみに、 子どもたちの学校を自主的に(苦笑)休ませて、 某リゾートに行った時にたまたま読んだ記事。 最も魅力的…

全くのゼロから考えようとするから、難しい

常々、書くこと、コトバにすることの重要性についてお伝えしているけれど、そんな話を聞くと、「自分には文章力が足りないんだ。」ということで、いわゆるちまたの「文章術」の類の本にコタエを求めがちです。しかし、書くことと言っても、小説家などいわゆ…

まずは、その気に。

諸々の、how toはさんざん学んで、あとはやる気待ち(?)の人。 諸々の、how toはとりあえず、後回しで、もうその気になっている人。 どっちが最初の一歩を踏み出しやすいか? その気になっているとは、自分が理想とする状態になっている気でいる人。 もう…

「知る」と「やる」の壁を、半強制的(苦笑)に超えて行くために必要なこと

例えば、月に100冊読もうと1000冊読もうとも、ただ読むだけで何もしなければ当然、何も変わらない。 一方で、極端な話、一冊の本を徹底的にやりこんだ方が、成果は上がる。 なぜなら、やりこんでいるから。 でもこれがなかなか難しい訳です。 なぜか? 色々…

これでいいのだ。by バカボンのパパ

kaigaiinkyo.hatenablog.com わしは バカボンのパパなのだ この世は むずかしいのだ わしの思うようにはならないのだ でも わしは大丈夫なのだ わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ これでいいのだと言っているから 大丈夫なのだ あなたも あなたで それ…

バコンっと、自分のレベルが上がる瞬間?

「自分のレベルが上がる瞬間」ってどんな瞬間だと思いますか? もちろん、色んな回答があるとは思いますが、、、 何かをマスター出来たときとか、 数字的なことを達成出来たときとか、 色々と要素はあるけれど、僕はほぼ確信をもっていえる瞬間があります。 …

日々、ギコチないなりに、

自分を変えるというと、 これまで出来なかったことが、出来るようになる というように、何かが出来るようになると捉えがちだ。 もちろん、それも自分を変えるのひとつかもしれない。 でも、その何かが出来るようになるには、時間もかかるし、時間がかかって…

■状況の厳しさに応じて、強化されるコト

コアを発見して、認識することはとても大事だということは、かなり前からお伝えしていること。 でも、もちろん、まずは認識することは大事であるけれど、もっと大事なことは、その発見したコアをぶらさないこと。 もっというと、 どんな状況であろうとも、ぶ…

今、「デキないこと」、「デキていないこと」を嘆くことは、ムダ。

「デキないこと」 「デキていないこと」 を嘆く人がいる。 非常にもったいない。 今の状態は、単に過去の積み重ねでの 「今」 じゃあ、未来永劫そんな状態なのか? はあなたが、「今」をどのように 捉えているか?に依ってくる。 つまり、 「デキないこと」 …