世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる。

顕在化した問題潜在化した問題この2つがある。顕在化した問題について、問題を抱えている人にとっては、はやく何とか解決したと思っている。たとえば、僕のところにも、「経験など何もないけど、手っ取りく稼げる方法を教えて欲しい」というご相談をたまに頂…

解決したその先に

ビジネスの根本は、問題解決である。と、このブログでも何度も伝えている。問題そのものに、フォーカスして、その問題を解決することで、対価を頂く。それ自体は、とても重要なことだし、これからも変わることはない。だけど、ひとつだけそこにも問題がある…

得たい成果を、次々と得ている人たちの共通点とは?

あなたの周りにもいませんか?得たい成果を、次々と得ている人。パワフルな人?行動力がある人?才能に恵まれた人?人脈がある人?元々、親が資産家?豪放磊落な人?アイデアにあふれた人?もちろん、今、挙げたような人たちもいるでしょう。たった、ひとつ…

ダメな部分こそが、人の役に立つ

情報発信を通じて、共感する人を集めながら価値を提供していこう 過去の経験やあなたにしかできないことをオンラインコンサルとして提供していこう こう聞くと、難しく聞こえるかもしれないけど、簡単にいうとこういうこと。 一日一人ずつでも良いから、あな…

飽きっぽいならば、

ぼくは、非常に飽きっぽい。興味の対象が、次から次へと移ろい、結局、振り返ったら、何だったんだ??と、我ながら思うことが多々ある。しかし、これも、元々「持っている資質」と考え、それを活かす方法を考える。もちろん、それなりの成果をあげるために…

こんな副産物。

ブログからの高額コンサルを受注する。この一連の流れを、別の言い方をすると、、、文章(コトバ)によって、相手から信頼を獲得し、その信頼をベースにして相手の心を動かし、行動(購入)してもらうことひょんなことから僕のブログを読んでいる方のほとん…

体験したから、提供できる。

僕のブログを読んで、「よし、じゃあ高額サービスを提供してみよう」そのような方々からのご相談を頂くけれど、「頭では分かっていても、なかなか・・・」という方が非常に多い。そのような方々の共通点が、ひとつだけある。それは、、、自分で高額な商品を…

俯瞰と立ち位置。

ビジネスをする上でどんなビジネスを選択するか?は、その後、うまくいくかどうか?においてとても大きなポイントだ。どの選択をするか?は、どんな選択肢があるか?にも直結する。たとえば、会社からの給料がお金を得るための方法だと考えている人。お金を…

自分がいかに働かないか?を追求すると、

いかに働かないか?を実現するためには、・アウトソーシング・IT化が不可欠だ。「アウトソーシング」とうのは、自分で諸々をやらずに、代わりに他の人にやってもらうということ。クラウドソーシングというコトバを聞いたことあるかもしれない。仕事を依頼し…

いくら考えても、出てこない。

ブログを通じて、オンラインコンサルを提供していこうこういうと・自分には提供できる経験などない・コンサルなどしたことない興味があっても、必ずこのように言う方がいる。しかし、僕がオススメしているのはベクトルが逆だ。通常のビジネスで言うと、・よ…

何かをしたいから書くというより、したいことを見つけるために書き続ける

前回は、潜在的な需要を喚起するために、「言語化」が重要だということを書いた。「言語化」は自分にとってもとても大事なことだ。このブログ自体、思いついたときのキーワードを元につらつらと綴っている。特に構成などはあまり気にしていない。つらつらと…

天邪鬼な僕は、、、

電話帳に載っていない仕事をする。これは、天邪鬼な(苦笑)僕の性格に依るところも大きく、今存在する仕事だって今後、機械に代わられたりすることを考えると、自ら仕事を創っていくという視点はとても大事だと考える。とはいえ、【自ら仕事を創る】という…

依存と自立。

僕は、全てを教えることが良いことだとは思っていない。それは、ケチな意味合いで言っているのではもちろんない。全てを教えることで、相手が得られるメリットと、全てを教えないで、相手が得られるメリットとを比較した上で、やはり後者の方が良いと考えて…

やる理由。

あなたの大事な人が病気になり1000万円の治療費が必要がな人単に、1000万円が欲しいなぁどちらが「1000万円」を実現可能性が高いと思うか?いうまでもなく、前者。1000万円を得なければならない理由が明確だからだ。 よく、行動ができませんという人がいます…

しだいに現実感覚がなくなって、

今日はこれといった用事もない。のんびりと独りくつろいで、一日中机に向かって、心をよぎるきまぐれなことを、なんのあてもなく書きつけてみる。すると、しだいに現実感覚がなくなって、なんだか不思議の世界に引き込まれていくような気分になる。人からみ…

お金の呪縛から開放されるために

お金に対する呪縛は、人それぞれある。その中でも、最たる呪縛は、お金は会社からもらうものという呪縛申し訳ないけど、このブログから、会社内で昇進することや何か資格取得に役立つことはほとんどない。そもそも、僕自身会社に属したことがありませんし、…

理想の人生を歩むための【エコシステム】構築方法

一見、難しく聞こえるかもしれないけど、難しいことはない。淡々と、あなたの価値観を綴る↓相手からの共感と反応を得る↓相談に乗る↓相談内容について、自分の考えをまた綴る↓相手からの反応を得る・・・・と、単純にいうと、このような構造。これを、愚直に…

情報の受け手?それとも

テレビよりYouTubeで視聴時間が既に超えているという統計もあるとか。YouTubeを視聴する人が増えるということは、発信側になることで自分の考え・世界観をより多くの人に伝えることができる可能性が広がっているということ。*これは、YouTubeに限った話では…

自分だけの時間割を。

あなたが得たい成果を明確にし、その成果を得るために、1日のうち ・何を増やすか?・何を減らすか? これをするだけで、成果がでない理由はなくなる。 【あなたが得たい成果を明確】に関しては、過去の記事でも何度か書いているのでご参照を。 今回は、 そ…

どこからかもらうのか?それとも、自分でつくるのか。

会社に勤めていれば、毎月決まった日に給与をもらうことができる。加えて、ボーナスも。*僕は、会社に勤めたことがないので、よくわからないけど。。。勤めることができなともいう。苦笑 給与やボーナスは会社から貰うもの という生活に慣れている人は気づ…

我慢料という発想

働く=自分の時間の切り売りと考えている人が非常に多いという気がする。お金を稼ぐ=我慢料みたいな発想も、そんな時間の切り売り発想からきているのではないか?仕事そのものに関して、そんな時間の切り売り発想以外の考え方を教わることはほぼない。なぜ…

働くことが嫌な人の多くは、

働くことが嫌な人の多くは、生きていくためには、お金が必要なことは言うまでもない。今後もずっと、生きていくためにお金が必要なのか?というとそれも言い切れないけど、この話はまた別の機会に。お金のためであれば、誰でも彼でも自分の貴重な時間を差し…

2種類の、「どうせ」

どうせというコトバの次には、大抵ムリというコトバが続くもの。何かをやりたい、何かをやろうと思っても、それを打ち消すかのようにどうせ、ムリと。これも結局、自らが無意識で選択しているパターンでしかなく、どうせの次のコトバだって、意識的に選択し…

「フリ」と「フト」

フリをする。 自分の本心とは異なった振る舞いをすることという意味あいだと思うけれど、 このフリをする理由。 世間一般的にはこうだから皆がそうしているから他人の目を気にしているから自分の弱さを隠すため もちろん、人それぞれで。 フリを続けていくか…

考えること。感じること。

自分感覚について、 「感覚」というくらいなので、 「感じること」がポイント。 でも、ほとんどの場合、どうも、考え過ぎなんです。 あれがこうなって、こうなったら、こうして・・・ と。 頭の中が、ごちゃごちゃしている。頭を働かせすぎると、感じること…

どこからともなく、やってくるのだから

これがこうでこうなったという風に頭で考えて得られるような成果っていうのは、想像できる範囲での成果でしかない。 想像できる範囲での成果でしかないし、大抵、想像通りにはいかないもの。苦笑 一方で、 びっくりするような成果大きな成果奇跡と言えるよう…

立派をあきらめる。

立派にならなきゃならない・・・ 何となく、小さい頃から刷り込まれた立派な人を見習うという感覚。 立派ってどんな状態なんでしょうか。 どうも、「立派」というコトバからは、 結局、人からどう思われたいか?という前提があるように感じてしまう。 自分が…

一体、いつたどりつくのか?

ゴール(行き先)を決める。 で、その次に気になるのが、じゃあ、それはいつ叶うのか?いつ、そこ(ゴール)へたどりつくことができるのか? そこ(ゴール)へたどり着くまでの機嫌が悪いパターン。 歯ぎしりをしながら、 「うー、いつだ?」「いつ、自分は…

感情を大きく揺さぶるような

生きていれば、あなたの感情を大きく揺さぶるような出来事は意外と起こるもの。 これは、前回お伝えした、機嫌を取るためのトレーニングが順調に進んでくれば進んできるほど、大きく揺さぶるようなことが起こる。 トレーニングなので、 これまで10キロだった…

「何か」をする理由

人が何かをする時は、結局、何らかの感情の変化を欲しているから。 旅行をするのも映画をみるのも美味しいものをたべるのも それそのものではなく、それから得られる「感情の変化」を欲している。 だからこそ、自分の感情や機嫌を観察することが大事。感情や…