読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

これをすると、あなたの可能性を狭めている可能性が高いです。

何度も伝えていることだけれども、
方法から入る
 
と、あなたの可能性を狭めている可能性が高い。
 
こんな方法が良いよ!
あんな方法が良いよ!
 
 
というものを、日々、目にしているかもしれないけれど、
方法論ばかりにとらわれてしまうと、方法論そのものに
振り回される。
 
さらに、他の選択肢が視界に入らないし、
無数にある他の可能性も消してしまうことになる。
 
 
「そうは、言うけれど、どこかで何かしらの
方法を採っていかないことには、どうにもならないのでは?」
 
と、思ったかもしれない。
 
もちろん、何の方法も採らないといっているのではなく、
順番の問題
 
 
こうしたい、こうなりたい
何らかの問題を抱えている
からこそ、方法を求めているのだけれど。
 
 
方法論から入るのは、
 
どうにかしなきゃ
何とかしなきゃ
 
言い換えると、
焦り
不安
 
などをベースにした選択になるので、得てして、
よい結果は生じにくい。
なぜなら、現実は、内面の結果だから。
 
 
じゃあ、どんな順番なのか?というと・・・
 
 
1 ゴールを決める
 
2 「ゴールに達した時」の感情の先取りし、
自分の機嫌を取りながら、日々過ごす
 
3 そんな日々を過ごしていると・・・
あることに興味が湧いたり、無性にやりたくなったり。
こんな衝動を感じるようになる。
衝動を感じたら、素直にそれを選択していく。
※この時点で、初めて方法論が出てくる
 
だからこそ、成果が出る。
 
人から言われたから、
人から薦められたから
 
ではなく、自身の内側から溢れた衝動なので、
勝手にドンドンやるようになる。
 
 
まるで、子どもが寝ずに、ゲームに熱中するように。
 
 
感情の先取りをすることで、
先に自分の機嫌を取ってしまって、
機嫌の良い状態で選択される方法は、
良い結果が生じやすい。
 
 
これは、作物をイメージして頂ければ分かりやすいかもしれない。
 
 
良い作物は、良い土壌から出来る。
一方、良くない土壌では、良い作物は出来ない。
ここで言う土壌とは、もちろんあなたの機嫌。
 
良い土壌(機嫌)があるからこそ、良い作物(成果)
を得ることが出来る。
 
 
方法論の選択だけでなく、選択した後だって、
色んなアイデアが必要になってくるけれど、
ナイスなアイデアが出てくるのは、やっぱり
自分の機嫌が良い状態のとき。
 
機嫌が良いとは、言い換えると
 
くつろぐ
ほっこり
のんき
 
こんな感じ。
 
 
で、大前提としてはまず、ゴールがあるからこそ。
ゴールがあるからこそ、感情の先取りが出来る。
 
感情の先取りが出来る=機嫌の良い状態。
そもそも、あなたが得たい感情を得ている
状態ので当然。
 
だから、良い方法に気づいたり、自分自身で
方法自体を開発したり出来るようになる。
機嫌が良くない状態では、決して出会えなかったであろう方法に。
 
当然のごとく、得たい成果をいつの間にか、得ることができる。
 
 
 
1 ゴールを決める
 
2 「ゴールに達した時」の感情の先取りし、
自分の機嫌を取りながら、日々過ごす
 
3 そんな日々を過ごしていると・・・
あることに興味が湧いたり、無性にやりたくなったり。
こんな衝動を感じるようになる。
衝動を感じたら、素直にそれを選択していく。
※この時点で、初めて方法論が出てくる
 
 
どうやってゴールを決める?
日々、機嫌を取るには、具体的にどうしたら良い?
ホントに没頭出来るようなことと、出会える?
 
などなど、
細かなポイントについては、こちらで。
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

それが仕事かよ!と思えるようなことが、仕事になる時代。

「それが仕事かよ!」と思えるようなことが、
仕事になる時代になっている。
 
で、ここでもやはり、あなた自身の定義次第で。
 
 
これは仕事
これはプライベート
 
みたいな、従来通りの定義をしている限り、
これまで通りの価値観・枠の中で生きること
になる。
 
それが仕事かよ!
 
ということをやっている人って、
結局、多くの人と【仕事】に対する
定義付けが全く異なっているんです。
 
 
 
スーツを着て、ネクタイを締めて
満員電車にのって、会社に行って
9時から働き、残業をして・・・
 
ほんとんどの方々は、【働く】を
このように定義付けをしているかもしれない。
 
無意識で、このような定義をしているから、
その選択を当然に感じ、結果、その選択をしている。
 
でも、この定義って、無数にある【仕事】の
ごくごく一部でしかない。
 
仕事とは、こーゆーものだ
と決めつけ、幅を狭めているのは、他でもない自分自身。
 
 
繰り返すけれど、「それ」を良い悪いと言っている
のでは決してなく、定義はいっぱいあって、もし、
何らかの違和感を感じているのであれば、
あなた本来の価値観と、定義との間に「ズレ」があるんですよ
 
というサインでもある。
 
これを読んでいるあなたは、「あ、自分もズレがあるかも・・・」
と感じとることが出来るかもしれない。
 
でも、このようなことに意識が行き届かないと、
そもそも何となくの違和感を感じつつも、
「ま、こんなもんでしょ」
「とりあえず、目の前の仕事を片付けねば・・・」
 
となって、どんどんズレを正当化し、
見てみぬフリをしていく。
 
だって、自分の持っている定義を改めて、
見直すってことは、場合によってはしんどい
ことだってあるはず。
 
無意識に「こうだ」と思っていたことを
全否定することだってあるかもしれないから。
 
 
でも、だからこそ、自分の定義をあらためて
見直してみて、自分の行きたい方向性と
照らし合わせてみる。
 
 
 
お金を得る定義を、
 
働いた対価として得るもの
努力、苦労、我慢した対価として得るもの
労働や商品やサービスを提供した結果得られるもの
お金を得るのは大変(だから汗水たらして働いて得ないといけない)
お金を得るのは難しい
 
 
と、これらのように定義をすれば、
そのような現実が、そうじゃない定義を
すれば、そうじゃない現実が表れる。
 
ただ、それだけ。
 
どう定義付けするか?はあなた次第。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

 
 

やる気がなくても、成果を上げたい!

やる気が出ないんです…
 
結構、頂くご相談内容。
 
 
じゃあ、やる気を出して、何を得たいか?
たとえば、分かりやすく、お金を得たいとしましょうか。
 
であれば、やる気なんかがなくても、
お金を得られれば、良いわけですよね?
 
得たいと思っているものは、お金であって、
「やる気」そのものを、得たいわけではないのだから。
 
ここで考えるべきは、やる気なんかなくても、
収入を得られるには、どうしたら良いか?
 
を考えれば良いわけですよね。
 
 
必要なのは、やる気がなくても、収入がある仕組みであって、
問題なのは、「やる気がないことである」と、
問題がすり替わってしまっているわけです。
 
今回の話も、定義の話であって、
「成果を上げるには、やる気が必要だ」
という無意識の定義が、前提でモノを考えているから。
 
 
「気」なんてものは、文字とおり「気まぐれ」なんで、
上がったり、下がったりする。
 
であれば、そもそも「気」に左右されない
という前提で進めてみる。
 
 
そもそもの得たい成果は何か?から考えると、
 
問題だ
課題だ
 
と考えていることの、ピントがズレてしまっていることって
結構あるんです。
 
ズレてしまっていることを、一生懸命に解決しようとしても、
解決には至らないわけです。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

「会社を辞めて、自由に暮らしたいけど・・・」~知らず、知らずにあなたをとどめようとする力の正体とは?

会社を辞めて、自由に暮らしたい。
 
 
という思いがあるにも関わらず、
どこか後ろめたい気持ちがある。
 
どんな後ろめたさか?というと、
 
いざあなたが会社を辞めて、晴れて自由の身になった
状態をイメージした時、
 
たとえば、朝、通勤する人をみたり、
昼からビールを飲むことだったり
 
「あぁ、自分だけこんなことをしていて
良いのだろうか・・・」と。
 
 
この後ろめたさって、結局、常識にとらわれている
部分だと思うんです。
 
 
皆がやっていることだから、自分もやる
 
ということに、慣れすぎていて、
他の人と違うことをすることに
ためらいがあったり。
 
 
この
 
後ろめたさ
ためらい
 
って、結構、くせ者なんです。
 
 
会社を辞めて、自由に暮らしたい
 
 
と思いつつ、それとは真逆の方向に
力が働いてしまうんです。
 
真逆の方向とは、自分が行きたい方向に
行かせないようにする力が働くということ。
 
この辺りって、話をしていると、分かるんです。
コトバの端々に、意外と出てくるものなので。
 
 
会社を辞めて、自由に暮らしたい
 
と思いつつ、どうしても力が出し切れない、
やる気が湧いて来ない場合、意外と
開き直る、吹っ切れる
 
この辺りが出来るようになると、実現ははやい。
 
 
なのだけれど、結構、無意識でブレーキを
かけてしまっていることもある。
 
 
結局、前に進めようとする力と反対に、
別の力を無効化することになるんです。
 
たとえば・・・先ほど挙げた、
 
後ろめたさ
ためらい
 
このあたりですね。
 
 
長年かけて、刷り込まれているものなので、
なかなか認識しづらいことが、またくせ者で
あるゆえんで。苦笑
 
 
でも、こうしてあなたにコトバしてお伝えして、
「あぁ、そうかも」と少しでも感じて頂けたら、
もう既に認識していることになるので、
 
 
開き直っちゃえばいいんです。
吹っ切れちゃえばいいんです。
 
このあたりが出来るようになったら、
会社から自由になるのは、もう目の前ですよ。
 
 
注】会社を辞めるコト自体を良いこと、
会社で働くことを良くないこと
と言っている訳ではもちろんありませんよ。
 
あなたの想いと裏腹に、行きたい方向とは、
逆の方向に力が働いていることが
あることに気づいてもらうための例です。
 
 
で、この
 
後ろめたさ
ためらい
 
って何からきているか?というと、
あなた自身の【定義】からきているんです。
 
だって、そもそも何らかの定義があるから、
何らかの感情がわく。
 
後ろめたさ
ためらい
 
を感じる定義はどういうものか?というと、
たとえば・・・
 
朝から、会社にいって働かければならない
給料は、我慢料である
お金は汗水流して、得るもの
 
 
こんなところでしょうか。
このような定義があるからこそ、
それとは真逆のことをしようとすると、
 
 
後ろめたさ
ためらい
 
を感じる、という訳です。
 
 
であれば、自分の定義は何か?
自分が向かう方向とズレているならば、
定義自体を書き換えてしまえば、いいんです。
 
 
 
 
 

乗り越えられる問題しか起きないと、言うけれど・・・

乗り越えられる問題しか起きない
 
という話を、あなたも聞いたことがあるかもしれない。
 
言われてみれば、確かにそうなのだけれど、
結構、絶妙な問題だなぁと。苦笑
 
どう絶妙か?というと、その状況・その状況で
ホントに超えられるか、超えられないか、
ギリギリの問題が目の前に現れてくる。
 
 
まぁ、そーいうことだと分かったら、
 
困ったことは起きない
 
このコトバだけ覚えておけば、良いと思う。
 
だって、実際に、困ったことは起きていないじゃないですか。
少なくとも、これを読んでいる時点では。
 
困ったことが起きそうだ
 
というのは、起きてもいない、未来のことを
勝手に想像して、勝手に大袈裟にしているだけ。
 
自分自身で。
 
そんなことをしたって、しんどいのは自分自身。
 
であれば、困ったことは起きない
というある意味、開き直って、
ひとつひとつの問題に丁寧に対応していく。
 
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

心穏やかに生きたいならば…

心穏やかに生きる
 
これは、僕の発信の中心を占めるテーマの一つ。
 
で、この心穏やかに生きる
 
にはどうしたら良いか?というご質問を
よく頂くのだけれど、これも、もう超シンプルで。
 
 
心穏やかに生きる
 
と、先に決めちゃうんです。
 
 
感情の先取りですね。
もう、とっとと、今、この瞬間から、
心穏やかになっちゃえばいいんです。
 
だって、そもそも、心穏やかに生きたいんですよね?
であれば、まず心の穏やかさを先に感じ取ってしまえば
良いじゃないですか。
 
目の前で穏やかに感じるようなことが、
起こっているとか、起こっていないとか
全く関係ないですよ。
 
 
 
現実は、内面の結果なので。
 
 
たとえ、心穏やかではない、真逆なことが起こったとしても、
そんなことで、あなたの心の穏やかさを乱される必要は
全くないんです。
 
 
だって、先にもう「心穏やかに生きる」と決めてしまっているのだから。
 
やっぱり、人間って何もしていないと、不安になるように
出来ているんです。
裏を返すと、何も意識をしていない、何もしていないから、
不安になる。
 
だからこそ、常に意識をするんです。
 
心穏やかに生きる
 
と。
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

 
 
 
 

何か、問題が起きた時の、あなたの心の声はどんなことを発しているのか?

何か問題が起きた時に、あなたの心の声は、
どんなことを発しているのか?
 
その内容で、あなた自身の問題に対する
スタンスが分かる。
 
で、その問題に対するスタンスって、
自分で決めることが出来る。
 
 
結局、どんなにジタバタしようとも、
問題なんていくらでも起こる。
 
もっというと、どんなに経験値を積もうと、
どんなにスキルアップしようとも、
今後一切、問題が起きないということはありえない。
 
 
 
たとえば、
 
全くのゼロから、10万円稼いでも、相応の問題が。
1億円稼いでも、相応の問題が。
 
 
 
問題が起こるたびに、いちいち、
アタフタしていたら、機嫌が良くない。
 
これは、問題を問題と直視しないという意味ではなく。
 
 
問題といえば、問題なのだけれど、
大前提として、
 
困ったことは、起きない。
 
ので、問題に対する、定義付けをしてしまう。
自分の機嫌が良くなるように。
 
毎度、おなじみの(苦笑)
「人生は定義付けで決まる」
シリーズですね。
 
 
 
たとえば・・・
 
問題を解決する過程で、これまで考えもつかなかった
イデアを運んでくれる有り難いもの
 
問題を解決していく過程で、本来の自分に気づかせてくれるもの
 
問題に気づくことで、問題がある方向ではなく、
もっと別の方向に気づくことができて、
自分が進むべき方向性がより明確になるもの
 
とりあえず、問題が起こったら、
「よし!来たと喜ぶ」苦笑
 
 
いくらでも、自分の都合が良いように
定義付けをしていけばいいんです。
 
これを、大きい・小さい関わらず、問題が起こるたびに、
 
あぁ、またこんな問題が起きたよ・・・
どうしよう・・・
 
といちいち、アタフタしているのと、
さっき挙げたように、自分の機嫌が良くなるよう、
都合よく、定義をしてしまうのとでは、
どっちが良いか?
 
どんなにジタバタしようとも、問題は起こるのだから。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@