世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「自分感覚」に沿えない理由とは?

f:id:dai88:20180217203715j:plain

 

 

何かを

する
しない
 
したい
したくない

ということって、結局、
自分の内面と

どう折り合いをつけることが出来るか?

ってことがポイント。

そのためには、やっぱり自分の内面を
知ることがないと、折り合いを
つけようがないわけで。
→自分感覚に沿った生き方
 
 
 
で、
 
前提としては、自分の【本当の】価値観
と照らし合わせてみるのがベスト
ではあるのだけれど、
 
 
その【本当の】価値観って、
折り合いをつけていく上で、
意外と曲者で。
 
 
なぜ、曲者なのか?というと、
 
○○しなければならない
 
と一般的に言われていたり
することだったりで、
その
 
○○をしないこと自体で
 
罪悪感
 
を感じることが、
大きなハードルになったりするから。
 
 
 
ホントは、やりたくないのに、
 
しなければならない
 
と、(自分で自分を)縛ってしまっている。
 
 
 
罪悪感を感じるのは、
 
こうじゃなきゃならない
というものがまず、前提に
あるからこそ、感じる。
 
 
つまり、
 
こうじゃなきゃならない!
と思う人であれば、
やらないことについて、
罪悪感を感じるし、
 
こうじゃなきゃならない!
なんてものを、これぽっちも
思っていないのなら、
やらないことについて、
罪悪感を感じることはない
 
ということ。
 
 
 
その、
こうじゃなきゃならないって
本当に必要なことなのか?
 
 
やりたいことが分からない
やりたいことが出来ない
 
と悩むくらいだったら、
先にやるのは、
 
こうじゃなきゃならない!
と勝手に思い込んでいる、
 
 
やりたくないことを
 
トットと、
止めちゃうこと。苦笑
 
出来るだけ、
思い切って。
 
 
 
真空状態のトコロに
スッと入り込んでくるような感じ。
 
 
まず、スペースを物理的にでも
あけてしまう。
 
心理的な抵抗を持っていて、
いつまで経っても、
ヤリタイコトを入れるための
スペースを確保できないのならば。
 
 
真空状態になったら、
勝手に埋まってく。
 
 
で、実はこの
 
こうじゃなきゃならない!
 
って思い込んでいることって、
実は、あなたの心のブレーキに
なっていることがかなりある。
 
 
逆に、
 
心のブレーキを外すことが出来れば、
 
やりたいのに、やれない
ということがなくなる、
 
 
つまり、やりたいことを、
思い切ってやることが出来る
 
にも繋がるわけで。
 
 
じゃあ、その
 
心のブレーキを外す
にはどうしたらよいか?
 
 
ご興味がある方は、
こちらからお知らせください。
 
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 
 
 
 
 
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain

 

 

 

 
 

非常に残念なことなのですが・・・

f:id:dai88:20180216102128j:plain

 

 

僕の発信を、
 
ただの読み物として利用をして
頂きたくないんです。
 
これは、僕の発信に限らず、
何らかの成果なりを
得たいと考えている方は、
 
いろいろなモノを、
 
読んだり
聞いたりして
 
いるかと思う。
 
ただ、
へぇ~、
そうなんだ
 
なるほど
 
 
というようなことで、
止めていて、
知識レベルで知っているくらいでは、
ほとんど、意味がない。
 
 
だから、
 
行動しろ!
 
ってことでもなく、
 
 
行動しろ!というスタンスよりも、
 
 
もっと自分の内面へアプローチをして、
もっと内面を自由にしてあげて、
 
その自由にした状態で、
自分を動かしてあげる。
 
 
僕はこんなことを、
毎日、毎日、こうして、
 
お伝えしているわけです。
 
 
どうしても、
日々のヤルべきことに
押し流されて、
 
 
内面を自由にすることを
考える余裕がない人にこそ、
 
1日のうちで1分でもいいので、
こうして読んで頂くことで、
思い出すきっかけになって
頂ければと。
 
*本来であれば、1分とは言わず、
もっと、じっくりと腰を据えて
やることをオススメしますが、
ご興味ある方は、お知らせください。
 
 
 
この自分の内面を自由にするとは、
これまで何度もお伝えしてきた、
 
自分感覚のことです。
 
で、この自分感覚は、
 
自分の内面を自由にしてあげる
ことと同じことで、
 
自分を肯定する
=自己肯定
 
に他ならないんですね。
 
 
自分感覚は、
 
自身の力を一番出しやすい状態ですし、
だからこそ、成果も上げやすいですし、
 
何よりも、
楽に生きることが出来る。
 
楽に生きることが出来るからこそ、
変に力が入ることがなく、
 
成果を出しやすいとも言える。
 
 
裏を返すと、
 
何だか生きづらい
何だか生き苦しい
 
ということを感じているのであれば、
自分感覚に沿ったことをしていない、
むしろ、真逆をやっている
 
という可能性が、非常に高い。
 
 
なので、
 
何かをしよう!
と、行動ベースではなく、
 
まず、内面を整える
自分感覚を取り戻す
 
順番としては、こっちが先なんです。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?

ゴール設定と自己肯定感と。

 

f:id:dai88:20180215203727j:plain

 
ゴール設定って
なぜするか?
 
そもそも設定して、
そこに辿り着くこと
そのものが目的というより、
 
 
 
もっと心地よくって
楽しそうな場所が
 
何だかありそうだ。
 
 
んじゃ、ちょっと行ってみようか。
 
というくらいのスタンスくらいが
ちょうどいい。
 
 
ちょっと、甘いものが食べたくなったから、
近くのコンビニでもいって、
スイーツでも買いに行こ
 
こんなくらいの軽さ。
 
分かりますかね?
このゆるい感じ。
 
 
ゴール設定が出来ない自分
ゴール設定をしたけれど、
そこへいくための一歩すら
踏み出すことが出来ない自分を
 
否定したりすることって、
本末転倒なのわかりますかね?
 
 
ゴール設定というと、
 
 
どうしてもそこへ
たどり着かなければならないこと
 
 
みたいに変な義務感を負って
しまいがちだけれど、
全然、逆!
 
 
へたな縛りをつけたり、
義務感でゴール設定を
するくらいなら、やらないほうが
いいくらい。
 
 
ゴール設定ですら、
なきゃないで、
ない状態そのものを楽しむ。
 
 
ゴール設定が出来なかたり、
ゴールに向けての一歩を
踏み出せなかったりすること
で自分を責める必要なんか
全くない。
 
というより、そんなことをしたところで、
害しかない。
 
誰も得をしない。
 
 
何より優先するのは、
 
自分の機嫌
が大大大前提。
 
 
その位のスタンスでいるからこそ、
気づいたら、
 
ゴールに居た
 
ということになる。
 
 
 
自分が機嫌よくいられるゴール設定なのか?
それとも、自分の機嫌を損ねるゴール設定なのか?
 
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?

自己肯定感と、お金の出し入れ。

f:id:dai88:20180214175016j:plain

 

 

お金を
 
出すことも(支払う)
入ることも(得る)
自己肯定感の表れで、
 
 
自分にはこれくらいが相応しいと、
勝手に思い込んで
 
 
食べるもの
着る服
身につけるもの
住む場所
付き合う人
仕事
 
などなど・・・
 
 
意識している、
していない限らず、
 
自分はこの位が
 
相応しい
ちょうどいい
 
ということを、日々、
選択している。
 
 
自分は、所詮、この位と。
 
 
選択していることすら
意識をしていなくて、
 
固定的に考えて、
 
「この位」ということを、
 
ずっと続けていたりする。
 
 
続けることも出来るし、
続けないことだって出来る
 
はず。
本来は。
 
 
 
つまり、
 
どちらも選択できる
のに、自分はこの位だ、と
 
決めつけ
思い込み
 
をしているだけ。
 
 
もしくは、親などから、散々、
言われて来たことなどが、
如実に反映されたり。
 
 
お金はひとつの
バロメーターであって、
 
自分が自分をどのように
捉えているか?
 
がお金にも現れてくる。
 
 
 
当然ながら、
 
たくさん入ってきたり、
たくさん出すことが
 
良いとか悪いとかではなく。
 
 
自分にどれだけ許可
(=肯定・OKをしているか?)
 
 
さらに、
出さなきゃいけない
入れなきゃならないって
ことではなく、
 
出すことも出来るし、
出さないことも出来る
 
同様に、入れることも出来るし、
入れないことも出来るし。
 
という感じ。
 
 
で、ここからが本題なんだけれど、
*前フリ長い?
 
ビジネスをするのって、
この自己肯定感という
側面からみると
 
とても興味深いものになるということ。
 
 
どういうことか?というと、
自分の幅を広げていく
ことにつながるということ。
 
 
たとえば、会社に勤めていて、
毎月の給料がこの位という
 
思い込み
 
が前提にあって、今の給料。
 
 
たとえば、専業主婦だとして、
パートとかしていたり、
していなかったりするかもしれないけれど、
 
これも、この位という
 
思い込みがあっての、今。
 
 
 
一方で、
 
もっと多く
 
入って当然の自分
出して当然の自分
 
という
 
思い込み
だって出来るはず。
 
 
 
1万円すら、自分で得られないと思っていた人でも、
幅を広げていき、
思い込みを書き換え、
自己肯定することで、
 
 
1万円を自分で得られるようになり、
 
さらに、
 
10万円
100万円
 
としていくことが出来る。
 
この辺りって、
一旦、分かっちゃうと、
 
誤差の範囲でしかない
 
んです。
 
 
これも、毎度お馴染みの、
 
現実は、内面の結果
 
でしかないんです。
 
 
 
こんなことを、ビジネスを通じて、
体感していくことが出来るし、
 
思い込みを外していく
過程そのものだったり、
仮に同じものをみても、
これまでとは全く異なった景色にみえたり
 
ということが楽しめる
 
これがビジネスの醍醐味だと思うのです。
 
 
 
 
 
出す
入る
 
の絶対額も、うまい具合に出来ていて、
 
数万単位の人は、
出す
入る
も数万単位
 
 
だし、
 
 
数千万単位の人は、
出す
入る
も数千万単位
 
ということ。
 
 
得たい単位(金額)を
意識する人は多いけれど、
 
じゃあ、その単位(金額)を
 
何に出すのか?
 
そもそも、その単位(金額)を
出したことがあるのか?
 
 
入ってないものを、
出しようがないじゃないか!
 
と思うかもしれませんが、
 
出そうと決意したり、
実際に出してみたりすると、
 
意外と、入ってくるものなんです。
 
やっぱり、
世界は逆説で出来ているんです。
 
 
今回の話をスルッと理解すると、
 
下手なお金の稼ぎ方(苦笑)
 
何かを求めたり、得ようとするよりも、
よっぽど効果があります。
 
 
僕も、これまで散々、
 
稼ぎ方
 
をお伝えしていた時期があったのですが、
どうしてもうまくいかない事例があったんです。
 
あったのですが、うまくいかないのは、
 
頭の良さとか、
知識不足とか、
経験値とかではなくって、
 
今日、お伝えしたようなことを
理解しているかどうか?の違いだったり
するんです。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
 
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain

あなたの動きを止めようとするもの

f:id:dai88:20180214070601j:plain

 
もちろん、大前提として手順をしっていたり、
全体像を知っていたとしても、
 
やっぱり、
 
出来ない
動けない
その一歩が出せない
 
これって、突き詰めると、
自己否定
 
なんですね。
 
 
もちろん、人によって
自己否定
 
に至るまでの過程は色々とあれど。
 
 
 
知識とかが足りないって思いがちだけれど、
結局、知識があっても動けなかったり
するのは、自己肯定感が欠如しているだけ。
 
 
 
知識が足りない
ってのも、あるいみ自己否定の
一部ともいえるかもしれない。
 
 
ない
足りない
 
 
 
だから、
 
 
在り方
 
がとても大事になってくる。
 
方法Aでも
方法Bでも
 
どっちでもいい
 
 
 
知識なんか少なくとも、
自己肯定感を持っているのと、
 
知識はたくさんあるけれど、
自己否定感がたっぷりな人とでは、
 
当然、前者の方が成果をあげるのがはやい。
 
 
成果をあげるのに苦労したり、辛い思いをしているのあれば、
それを埋めるために、単に知識を得ることに走っても、
それほど、成果をあげることは変わらず、
 
自己肯定感
 
を獲得して言ったほうが、ズンズンと進むことが出来るよ
 
というだけ。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

あなたも、こんな循環の中で生きてみませんか?

f:id:dai88:20180212111423p:plain

 

思い込み
定義付け
 
を外して、もっと楽に生きていこう!
 
ということが、僕の発信の基本的な主軸。
 
 
 
前回の話は、ビジネス的な意味での
お金を使うということをお伝えしたけれど、
 
これは、別にビジネスに限らず、
当然ながら何でもよくって。
 
 
 
何でもいいというと、
余計に分かりにくいかもしれないけれど、
 
 
超シンプルに言えば、
 
ヤりたいと思ったことは、
ガンガンやっていこう
 
ということ。
 
*そもそも、ヤリタイコトが分からないという方は、
過去記事をご参考に。
 
 
で、そのヤリたいことって、
何のためにやっているか?というと、
当然、ヤリたいからやっているのだけれど、
 
もう一つの側面としては、
 
冒頭にも書いたように、
 
思い込み
定義付け
 
を外していくことでもある。
 
 
見聞をひろめる
 
 
なんてコトバもあるけれど、
この見聞をひろめることで、
 
思い込み
定義付け
 
 
を、もう音を立てるように
外れていく。
 
 
 
で、
 
「うわ、こんなこともありなんだ!」とか
「あれこんなトコ、通ってもいいんだ?」とか
「お? これ、やらなくてもいいんだ?ホントに?? 」
 
なんてことを言いながら、
 
身銭を切って
実体験
 
していく。
 
あっちこっちに、頭をぶつけながら。苦笑
ときには、痛い目にあったり。
 
 
そんな、するすると抜けていく【様】を
 
発信していく
 
 
 
で、不思議なことかもしれないけれど、
 
発信を続けていくといつのまにか、
それがキャッシュとして巡り巡って
あなたの元に戻ってくる。
 
で、戻ってきたキャッシュを
また、見聞を広めることに
費やしていく。
 
ガラガラと音を立てつつ、
 
思い込み
定義付け
 
が外れる【様】を発信していく。
 
すると、またキャッシュが巡ってきて・・・
 
こんな循環。
 
 
既にそんな世の中ですし、
実践している人も、それなりにいますし、
この流れは、今後もっと加速していく。
 
間違いなく。
 
 
どうです?
 
あなたもこんな循環の中で、
生きてみませんか?
 
 
もっと、詳しく知りたい!という方は、
こちらから。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

GoogleMAPのようなもの~いつまでも、タラタラと・・・

f:id:dai88:20180211182622j:plain

 
 
【音声】
 
ーーー
 
 
ここのところ、オンライン勉強会を
定期的に開催をさせて頂いていますが、

ビジネス系の話、特にお金に絡んだ
お話がやはり(?)関心が高いようです。


切り口としては、色々とありますが、
今回は、無料は???という話です。




インターネットは無料で出来る

という甘い言葉(?)に誘われて、
とりあえず何もかも無料でやろう
とされる方が後を立ちませんが、


その場合ですと、成果を上げていくことは
結構、ハードルが高いです。
*全くムリというわけではないです。


事実、ある程度の割り切りを持って、

お金を突っ込めた方

は、ほぼほぼ成果を上げています。
*さらに、上げ続けています。


無料に拘って、いつまでも何の成果も出ず、
タラタラと続けているのと、

多少の出血(お金)を覚悟して、
早々に成果を出すのか?


これは、

広告
コンサル
アウトソース(外注)

などなど、一切を含みます。





北海道理論を例に挙げれば、

たとえば、東京から北海道へ行く!
と決めた上で、

■徒歩で行く→
お金をかけないけれど、
時間はかかる


■飛行機で行く→
お金はかかるけれど、
時間はかからない


それぞれに、楽しみがあると思うので、
どちらが正しいというわけでは
もちろん、ないです。



ただ、一点、留意することがあるとすると、


GoogleMAPのような便利なものがあれば、
お金をかけず時間をかけたとしても、
徒歩でも、 東京から北海道へ辿り着く
ことは出来るでしょうけれど、

ビジネスでいうと、Google Map
のような便利なものは残念ながらない。


Google Mapって
ビジネスに置き換えると何か?
 
というと、「全体像」だと思うんです。
 
 
現在地がどこで、
目的地がどこで
 
ということを俯瞰してみる、
全体像。
 
これが分かれば、どっちの方向へ
進んでいけばいいかが分かる。
 
 
なんですけれど、そもそも
 
現在地も、
目的地も
 
ブレブレでは、
 
どこにいて
どこへ行こうとしているのか?
 
が定まっていないと、
どうにもならないってことです。
 



たとえば、ブログだって、
書いたところで、ほとんど
アクセスなどないわけです。


誰もいない砂漠のど真ん中で、
どんなに叫んだところで、
誰にも届かないのと同じで。

残念ながら・・・


このように言えば分かるのかもしれませんが、
どうしても、

無料で何とか・・・

ということにとらわれすぎて、
そもそも得たいことが、
後回しというか、いつの間にか
どこかへ消え去ってしまうようなもの。

そもそも、得たい成果は何だったのか?



もちろん、
スピードが全て
スピードが正しい

ということを言っているのではなく、


再度、北海道の例でいうと、

今日中に

東京から北海道へ行きたい(本来の目的)
と思ったら、少なくとも

徒歩

ではムリな話ですよね?
ということ。


このような例え話を挙げれば、
分かって頂けるのですが、

ビジネスの話になると、
一生懸命に歩いているけれど、
一向に着きそうもないです・・・

と嘆いている方が非常に多いんです。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?