世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自分の個性を活かした生き方をしたい?

 

f:id:dai88:20190321074226j:plain

 
「自分の個性を活かした生き方をしたい」
「自分が生きていることの本質へと近づきたい」
「これからは、他人の目を気にすること無く、自分の人生を生きたい」
「いまの仕事が、どこか本来の自分とはずれているような気がする」
「あっちこっちに気が向いてしまうので、そろそろ腰を落ち着けたい」
「少しでも、人のためになる仕事がしたい」
「自分の天職とはなにか、ずっと考えてきた」
「勤め人を辞めて、いつか好きなことで、独立したいと思っている」
 
 
 
あなたの奥底で、眠っている【コア】を発見することで、
これらの質問を、明確にこたえることができ、
 
奮い立たせたり、モチベーションをアップさせたりすることなく、
自分の内側から自発的に沸き起こる力を活用することことが
できるようになる。
 
 

ヤリタイから、出来る。

f:id:dai88:20190319113004j:plain

 

何をしたって、あなたの目の前に「壁」が
あらわれる。
 
いつだって。
 
 
その「壁」を乗り越えることができるかどうか?
は結局、【想いの総量】でしかない。
つまり、心底ヤリタイコトなのか、どうかを
試されているということ。
 
 
 
大した想いがなければ、「壁」を乗り越えることはできない。
目の前に壁があらわれたら、壁を避けるかもしれないし、
壁を乗り越えようともしないかもしれない。
 
それは、心底ヤリタイコトではない証拠でもある。
 
 
逆に、心底ヤリタイコトであればどんな「壁」だって
乗り越えられる。
 
本人にとっては「壁」とも感じていないかもしれない。
心底ヤリタイコトをやっている時の「壁」は。
他人からみたら、とんでもない「壁」にみえたとしても。
 
 
もちろん、壁を感じないといっても、実際は超分厚い壁だし、
その壁を前にしてびくともしなくて、戦意喪失する
こともあるかもしれないし、死にたくなることもあるかもしれない。
 
でも、心底ヤリタイコトを実現するときに現れる
壁は乗り越えることができる。
 
 
結局、心底ヤリタイコトしか実現しないのだから。
 
 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)
 

 

損失NO1

f:id:dai88:20190319112551j:plain

 

 

僕が、人生の損失NO1
と思っていること。
 
 
それは、「迷うこと」
 
 
◯◯しようかと、迷っています
 
という人がいるけど、とりあえずやってみれば?
と思う。
 
 
迷うことで、何かが良くなるのであれば、いくらでも
迷ったりするけど、殆どの場合、迷うことで良くなる
ということはない。
 
 
やって失敗した!と思うこともあるかもしれない。
でも、世の中には失敗はなく、
失敗したと感じたことでも、僕は「経験」だと捉える。
 
 
とりあえずやってみて、そこから修正をしていけばいい。
一発でカタをつける必要などない。
 
とりあえずはじめてみて、毎日1ミリでも良いから、
修正してより良くしていく。
 
 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)
 

 

ビジネスを選択するときのポイントとは?

f:id:dai88:20190317094316j:plain

 

ビジネスは、自分のライフスタイルを
実現するための手段でしかない。
 
あくまで、ビジネスそのものが目的でなく、
手段でしかないということ。
 
 
海外で暮らしたいとしたならば、
海外にいても収入を得られる
【仕組み】を選択すればいい。
 
海外で暮らすことと、収入源の確保は
いわば両輪だ。
 

 
もし、日本でしか仕事ができないのであれば、
【それ】を自ら選択しているから。
もちろん、諸事情で選択せざるを得ないという
状況もあるかもしれない。
 
 
でも、多くの場合、今の状況は自ら選択した
結果であることが大半だと思う。
 
 
結局、自分がどうなりたいか?
エゴだと感じる人もいるかもしれない。
 
しかし、ビジネスを考えた場合、
相手のお困りごとの解決であることが
大前提。
 
その大前提と、自分が理想とするライフスタイルの
【交点】を見つける。

 
 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)

 

先延ばしするクセがあるときに

f:id:dai88:20190317093950j:plain

 

やれば良いとは頭で分かっていても、なかなか行動に
移せないという方が、結構な割合でいる。
 
 
その方々の共通点。
 
それは、「行動」や「実践」について、難しく考えすぎ!
ということ。
 
 
 
何か得たい成果があったとして、
それを得るために「すべきこと」があったする。
 
 
まず、すべきことは「小分けにすること」
 
小分けにするとは、得たい成果を得るために、
行動を細かく分解するということです。
 
 
1分とか5分とかでできることで構いません。
そのような細かい行動であれば、難しいことはないと思います。
 
それら、小さい行動を積み重ねているうちに、
気づいたら成果を得ていた、
そんな感じで良いと思います。
 
 
たとえば、ジョギング。
いきなり、毎朝、10キロを走るというのはとてもハードルが高い。
 
そこで、行動を分解する。
 
前日に、ウェアを用意する
とりあえず、着替える
ウォーミングアップをする
などなど・・・
 
 
朝、起きて10キロ走るとくらべて、
どうでしょ?
ひとつひとつなら、できそうだと思いませんか?
 
 
 
「海外に住む」というのも、
それ自体は大変そうに思えるかもしれないけど、
これもさっきのジョギングと同様、
小分けにしてみる。
 
住みたい国をピックアップする
物価を調べる
実際に住んでいる人を探して、話しを聞いてみる
住む物件を調べてみる
為替をチェックする
治安を調べる
ビザについて調べる
どのくらいの生活費が必要かを試算してみる
 
などなど
 
 
 
「海外に住む」とそれだけみると、
人によっては途方もないようなことに
思えるけど、そこに辿り着くまでの
行動を事細かに書きだして、
それを単にひとつひとつ潰していけば、
結果的に実現する・・・
 
結局、これはどんな分野においても同じだと
思う。 

 

 

▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)

http://line.me/ti/p/%40dfo0996y

 

自分のパラダイムが

f:id:dai88:20190316160159j:plain

 

何かをつくる際、
 
まず「頭の中」で一度、つくられる。
この「つくられる」は、まだイメージの段階。
現実で、どのような形にするか?を頭の中で
つくっている状態。
⇒一度目
 
次に、そのイメージを元に、実際につくっていく。
⇒二度目
 
 
全てのものは二度、つくられる。
 
ポイントは、「全て」「二度」
 
「全て」とはありとあらゆるものに関して
通じる。
 
いきなり現実にあらわれるということはない。
誰かしらの思考(一度目)があったからこそ。
 
人間も空を飛びたい⇒飛行機
のように。
 
これは、ごく普通の生活でも同じ。
 
あなたの一日の大半を占めるであろう
「仕事」に関しても、頭の中であなたが、
どのようにイメージしているか?
によって現実が変わってくる。
 
 
僕の例でいうと、法人クライアントの元へ
出向いて仕事をしていた時があった。
 
 
僕の頭の中のイメージは、まだ
仕事は相手に出向いてするもの
 
このような【囚われ】があったからだ。
 
 
 
でも、やっているうちに、
「あれ?このまま続けるのはちょっと違うな・・・」
 
と思い始めた。
海外に暮らしたいとも思っていたので。
 
 
別に僕が自らクライアント先にいかなくても、
良いのではないか?
 
もっというと、相手も僕の元へ来てもらわなくても、
【価値提供】さえできれば、Skypeなどオンライン
でも可能なのではないか?
 
 
これができれば、そもそも日本にいなくても、
インターネットにさえつながっていれば、
多くのクライアントに提供できるのでないか?
 
 
このようなイメージが頭の中にできたからこそ、
現実を変えていくことができた。
 
 
まず、頭の中でイメージをつくること。(一度目)
そして、それを現実にしていくこと。(二度目)
 
 
だからこその、パラダイム転換。
これまでのパラダイムでいたら、
そのパラダイムでの現実。
 
全く別のパラダイムであれば、
今とは異なった現実。
 
 
つまり、現実を大きく変えたいのであれば、
パラダイム自体を大きく変える必要がある。
 
 
 
話しをしていると、「この人、そもそもの発想がまるで違う」
こんな人に出会ったことがあると思う。
 
そのような根本的な発想が違っている人の
ほとんどは常人とは全くことなった成果(現実)
を得ている。
 
これは、スキルや経験というよりも、どれだけ
自分のパラダイムを変えることをしてきたか?
ということに起因するのではないか。

 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)

 

 

桁をかえてみる

f:id:dai88:20190314203124j:plain

 

今より、

 
ひとけた
ふたけた
 
アップさせる方法をあえて考えてみる。
 
 
この思考こそが、僕がブログでも書いている、
パラダイムの変換。
 
今やっていることを、
 
よりうまくやろうとしたり
よりはやくやろうとしたり
 
もちろん、これらは非常に大事ではあるのだけど、
もっと大事なのはその程度の枠組(パラダイム
ではなく、もっと大きな変化。
 
ギィギィギィ
 
と音を立てるくらいの。
 
 
 
これは、数字的なことを単に拡大しましょう
拡大は良いことです!
 
といっているわけではない。
 
 
成果を上げる上で、【今】の
 
 
凝り固まった価値観
凝り固まったやり方
 
にとらわれている限り、その枠組内での
成果しかあげることはできない。
 
しかし、そんな枠組みをとっぱらってしまう
ことでこれまで何で気づかなかったんだ!
 
という思考の枠組みをもつことで、今よりも
もっと楽に成果をあげることができるようになる。
 
 
僕が提供する価値のひとつは、
そんな新たな枠組みの提供。
 
 
たとえば、馬車しか移動手段を知らない人に、
車という乗り物があるよ!と教えてあげるような
イメージ。
 
 
馬車しかしらなかったら、
より速い馬はどこか?
もっと、遠くへいける馬は?
どうやって育てれば良いか?
 
と考えるけど、「馬」をより良くするか?
ではなくまったく異なる乗り物である「車」
を知ることで、より楽に成果をあげることが
できるようになる。
 
 
あなたにとっての馬は?車は?

 

 

▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)

http://line.me/ti/p/%40dfo0996y