読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

義務教育は捨てた。

我が家の子ども2人(男+女)は、
日本の義務教育は捨てました。
 
 
長男が小学校1年終了時、長女が小学校入学時に
ここマレーシアに来て、現地のインターナショナルスクールへ
通わせている。
 
 
僕自身は、留学経験など全くなく、
本の学校教育をずっと受けてきて、
一応、受験などもしてきて、
社会不適合者なりに何とか生きてきて、苦笑
 
 
 
もちろん、マレーシアの学校教育が日本の義務教育より
優れているのかどうか?何をもって、優れているのか
の判断はそれこそ、価値観に依る。
 
子ども本人の適正というか、合う合わないも大いに
関係していることでもある。
 
果たして子どもたちが大人になる頃、そもそもどんな社会に
なっているか?ということ自体、何となく分かることと、
分からないことも、もちろんあるし、何をもって、正解というか?
だって分からない。
 
 
ただ、少なくとも、僕自身が受けてきた教育を
子どもたちにも、同じように受けさせるということは、
どうしてもイメージがつかなかった。
 
 
だから、下の子(長女)が小学校に入るタイミングで、
思い切ってここマレーシアにきた。
 
 
僕が学校に通っている頃は、何となくの違和感を
感じながらも、他の教育との比較する【目】など
当時は、もちろん持ち合わせていなかったけれど、
今となって、子どもたちが受けている教育と
比較することが出来る。
 
 
で、何に違和感があるかというと、いくつかあって、
ひとつは本人の意思や興味・関心など一切無視した
意味不明な全体主義
 
義務教育のベースは、軍隊から来ていると言われている。
運動会の行進や組体操などは、最たるもの。
一方、マレーシアの入場はグダグダです。苦笑
 
 
 
僕がメインテーマとして挙げているのは、
生きたいように生きるだけれど、
これはまさに「自分という個」を如何に活かすか?
 
 
人の意思や興味・関心などを一切無視した教育に慣れすぎてしまうと、
どうしても「自分という個」について、押さえつけられてきた分、
全く考えないことにしてきたり、無視する習慣が身について
しまっているようにも思える。
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。

まずは、数を意識する。

「傑作を生み出す可能性を高める方法は、
多くのアイデアを生み出すこと」
 
例えばモーツァルトは35歳で死去するまでに60曲、
ベートーベンは生涯で650曲、バッハは1,000曲以上
を作曲していますが、最高傑作と呼ばれるものは
それぞれ6曲、5曲、3曲。
 
ピカソの全作品は1,800以上の絵画、1,200以上の彫刻、
2,800以上の陶芸、12,000以上のデッサンのほか、
版画、ラグ、タペストリーなどなど多岐に渡りますが、
高く評価されたのはそのうちのほんのわずか。
 
 
『ORIGINALS~誰もが「人と違うこと」ができる時代』より
 
 
世の中には、もちろん天才っているとは思うだけれど、
先に挙げたような人たちだって、こうしてみてみると、
【相当な数】を出していることが分かる。
 
 
なので、何かを「うまくやろう」という意識よりも、
まずは【数】を意識してみる。
 
うまくなるのは、やっているうちにうまくなるだろうし、
自分の意識が向いていることは、基本的に自分に向いていること。
 
下手の横づきってコトバも、もちろんあるけれど、
意識するのは【数】
 
 
ユニクロ創業者である、柳井氏だって、
『一勝九敗』という本を出しているくらい。
 
 
こうして考えると、結局、
打ち手をどれだけ打ったのか?
どれだけ打席に立ったのか?
 
 
このあたりが結局、大事なことで【率】自体は、
それほど変わらないのではないか。
 
だからこそ、【数】を意識する。
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。
 
 

「あれを学べ!」「これを学べ!」から身を守る方法

あなたには、これが必要です。。。
という囁き。
 
あれを学べ!
これを学べ!
 
ということを、あちこちで目にするけれど、
学ぶことそれ自体が、目的化して、
そもそも、それを学んで、どうするのか?
ということが、全くなく、学んでいる人が
とても多いように感じる。
*学ぶこと自体を否定している訳ではない。
 
 
現在地思考
 
ということを、自分でも意識しているし、
他の方にもよく伝えていることで。
 
そもそも、既にあるものでやっていく、
足りないところ、他から補う。
 
 
学ぶことに関しても同様で、
とりあえずやってみて、
必要な部分を学んでいく。
この流れのほうが、同じ学ぶでも
学びが深いと思う。
 
 
 
常々、お伝えしているように、僕は
資格を取得したりすることに関しては、
否定的だ。
 
 
資格を取得するよりも、資格を既に取得している人に
仕事などを振りながら、全体を如何につくっていくか?
ということに興味があるからだ。
 
と言えば、カッコよく聞こえるかもしれないけれど、苦笑
実のところは、いわゆるおべんきょーが苦手で、
単なる面倒臭がりなだけとも言えるけど。
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。

変われる人が、必ずやっていること。

超当たり前に感じるかもしれないけれど、
ゴール(行き先)と現在地を言語化(明確に)したら、
あとは、逆算。
 
 
ゴールからの逆算をして、今の自分(現在地)は、
何が必要で(増やして)、何を減らして、何が出来て、何が出来ないのか。
*行動、時間の両面から。
 
出来ないのであれば、それはどのように補うのか?
補うために、自分がマスターする(出来るようになる)
必要があるのか、他人に補ってもらうのか?
 
スピード、成果の面から考えても、他人に補ってもらうことが最良。
じゃあ、出来る人は、どこにいて、どんなことを言えば、
補ってもらえるのか?
 
 
大前提としては、ゴールと現在地を言語化。
 
これが明確になれば、あとは自ずとやることだって
決まってくる。
 
決まったら、あとは自分がやることは淡々とやりつつ、
他人に補ってもらう部分に関しては、指示・確認(仕組みづくり)。
 
あとは、定期的なチェック。
 
これさえできれば、今の自分から変われない方が、
難しい。苦笑
 
 
僕がサポートさせて頂いている大部分は、
この一連が大半。
 
基本的な考え方としては、スキルアップとか何かをマスター
しようとはしない。
既にあるもの、既に出来てしまうこと(強み)を
如何に活用するか?
 
をベースに構築していく。
 
だって、その方が成果が上がるのが早いから。
 
もちろん、個人差が多少あって、人によっては
そもそものゴールがうまく設定できなかったり、
強みの発見に時間がかかる人も、中にはいらっしゃるけれど、
大体、このあたりが、バシッと決まれば、早い。
 
 
変われる人は、常に逆算で考えている。
出来るためには、じゃあ、どうすれば良いか?
 
変われない人は、出来ない理由を挙げる。
◯◯だから、出来ない。
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。

1日2日で途切れてしまったとしても・・・

凹むことに関連して。
 
成果を上げるためにはやはり、
継続がポイントになってくる。
 
いざ始めたとしても、例えば1日とか2日で、
やめてしまった時点で、やる気がなくなってしまう
っていうケースも結構ある。
 
あぁ、やっぱり継続できないんだ・・・と。
凹む。。。
 
でも、たとえ1日2日途切れたとしても
自己否定はしない。
 
仮に1日2日途切れてしまったとしても、
そこでまた持ち直して始めてみる。
 
 
その毎日できないことに関して自分自身を
特に否定することなくまず続ける。
 
途切れたとしてもまた再開して、続けることを、
考えてみる。
 
新たな成果を見出すためのきっかけ作りとして。
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。

健全な凹み。

得たい成果があって、現状からみると
ギャップがアリすぎて、凹む。
 
でも、この凹むことは、ゴールと現状が
分かってるから、凹むのであって、
健全な凹みとも言える。
 
 
健全な凹みを解消するには、じゃあどうすれば良いか?
 
 
ゴールと現状とのギャップを嘆いていたり、
ため息ばかりを付いていても、一向にその
ギャップは埋まることはない。
 
むしろ、そのギャップに圧倒されてしまって、
さらなるやる気がそがれることだってあるかもしれない。
 
でも、このやる気をそがれる凹みは、
あまり健全な凹みとはいえない。
 
健全でない凹みを、健全な凹みにできる、
ただひとつのこと。
 
それは・・・
 
どんな小さい打ち手(行動)でも
よいからやってみる。
 
 
1日1ミリでも、ゴールと現状とのギャップを
埋めるために出来ることを。
 
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。
 

自分のコトばかりだから、行き詰まる。

相手への貢献・価値提供をベースに考えるとうまくいく。
逆に、自分のコトばかりだと、行き詰まる。
 
自分には貢献できることなど、何もない・・・
これだって、自分のコトばかり考えていることと
ほとんど変わりない。
 
 
 
相手への貢献を考えると、無理やりでも気持ちに
余裕を持たざるを得ない。
 
自分のコトで手一杯だとしても、そんな状況からでも
気持ちに余裕を持たせる必要があるからだ。
⇒自分の機嫌を取るとも関連している
 
 
さらに、相手へ何らかの貢献をするために、重要なこと、
それは、相手の立場や気持ちを、想像する必要があるということ。
 
 
これが出来るようになると、とても良い。
 
相手の価値を感じ取るためには、相手にナリキルのは
難しいので、まずは自分にとって価値とは何か?について
考えることにもつながる。
 
自分にとって価値があること、つまり自分がして欲しいことを
相手にする。
*逆に、自分がして欲しくないことは、相手にもしない。
小学生にする、話みたいだけれど。
 
 
ポイントは自分がしんどい状況であれば、あるほど、
相手に貢献すると、効果はテキメン!
 
なぜか?ということについて、説明できなくもないけれど、
そんな説明を聞くよりも、まずは試しに3ヶ月、
相手への貢献を意識してみてください。
 
今が、しんどい状況にある方は特に!
 
 

こちら

 

■LINE@

 
 
■追伸1■
あなたの人生を左右するかもしれない、
「2つのこと」について解説したレポートを
無料プレゼントします。
 
 
■追伸2■
新しいコンサルの形
 
 
■追伸3■
・「何を売れば良いか分からない・・・」という悩みから、解放される方法
・収入を自分でコントロール出来るようになる、一生モノのスキル
・世の中は、自分のために実験をしてくれている。
 
など、リサーチの手順について、解説します。